「拍手禁止法」 

旅心
「拍手禁止法」

どうやら、ベラルーシの大統領は、特別なノーベル平和賞を受賞しているらしい。

その名も、イグノーベル賞。

ノーベル賞とは違い、人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績のものに与えられる賞。

欧州最後の独裁者と呼ばれる大統領は、街頭で無言で拍手して抗議する国民に対し、拍手禁止法を作ってしまった。

そして、国家警察が片腕の男性を拍手をしたかどで逮捕するなど、熱心に法律を守ったことでも、話題になったことで受賞した。

ある意味「平和」とは何かを考えさせられる出来事。

手を叩くことが、嬉しいものか嬉しくないものかは、自分の考え方次第。

平和はコントロールできるものではなく、みんなが豊かに自由に暮らしやすいために、それぞれが起こしたアクションの混じり合いだなぁ〜。

自分ができる平和への行動をしていこうとベラルーシに来て、改めて考えさせられた。

 

ベラルーシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です