パラオにあったアントニオ猪木島!!

パラオは、壮大な自然に富んだ島国

ロックアイランドとも言われ、岩で作られた小さな島も点在している

ここパラオは、この大自然をこれからもずっと守っていこう

そして、これが大きな経済資源でもあるため、とても工夫した政策を行なっている

まず入国するときに、これにサインをしなくてはならない

この内容はと言うと、パラオが観光客のみんなに「やってほしいこと&やって欲しくないこと」が書いてあり、それに同意するというサインなのです!

例えば

*Dont collect marine life sourvenirs 海のものをお土産として持ち帰らない

*Do learn about the culture and people 文化や人々について学んでください

*Dont feed the fish and sharks 魚やサメに餌をあげないでください

などいくつかの項目がある

それは、言われてみればとても当たり前のようであるけど、パラオの自然に対する尊敬の想い

そして、観光資源が国にとって何よりも大切でもあることもわかった

パラオ入国

ピースボートは大きくて、港につけることができないため、沖から小さなボートに乗り換えて入国することになった

25人ずつ船に乗り、何回も船を往復させていた

500人も乗っているので、すごく大変だろうなぁ〜(><)

僕らは1番最初に並んでいたので、朝7時半にパラオに上陸することができた

降りた瞬間から、水がものすごく綺麗!!南国に来たなぁ〜〜って感じでワクワク!!

ですが、まず僕らがすることはツアーを見つけること!

ずっとピースボートに乗っていたため、ツアーを予約することができていなく、たった1日の滞在であるパラオは、時間との勝負だった!!

世界一周しているナオトと僕が、ベテラン旅人としてツアーを見つけることになり、船を降りてからすぐに動いていた

港には1つツアー会社があり、しかも日本人が経営しているスキューバダイビングの会社

パラオはスキューバダイビングが有名で、日本人も多く訪れるため、日本人スタッフが多いらしい

僕らはスキューバダイビングではなく、ミルキーウェイに行きたくて聞いてみるも、もう予約でいっぱいで、すぐに動いてくれる会社も中々ないらしい。。。

いくつもの会社に電話してくれていたけど、どこも対応できず、どうしようかぁ〜と新しい選択肢を探そうとしていたとき

「見つかりました!何名ですか!?」

「えっと17名です!いけますか!?」

奇跡的にこんな朝から対応してくれるところが1件あった!!

本当頑張って電話していただいたスタッフのみなさん、ありがとうございます(^O^)/

パラオは海に入るには、税金を払わなきゃいけない

ミルキーウェイツアーは、団体割引もあり70ドル

あ!ちなみにパラオの通貨は、米ドルです!

そのツアー代に加えて、僕らは50ドル払わなければいけませんでした!

それがこれ!

government rock island permit

ロックアイランドに行くのに、50ドルの税金を払います

このカードを貰えば、10日間有効です

「自然を守ること×観光による経済効果」

僕らは、1日の滞在でしたが、10日滞在しても同じ額です^^

パラオについたら、バナナがあったり

パパイヤがあったり、冒険の匂いがプンプンします!!(笑)

久しぶりの旅でめっちゃワクワク(≧∀≦)

パラオにあったアントニオ猪木島

パラオは、小さな島が多く点在していて、この地図を見ても明らか。

僕はこの地図を眺めて、1つ1つ島を見ていたら、目を疑う島の名前を発見!!!!

え!?!?!

アントニオ猪木島!!??

まさかあのアントニオ猪木!?

ってかそれしかいないよね!(笑)

よくよく調べてみると

アントニオ猪木さんは、パラオが無名の頃からパラオによく足を運んでいて、いつの日か友好の証として「我が国には何も差上げるものが無いが、島ならある」と島をプレゼントされたそうです。

猪木さんすごい(≧∀≦)

イノキアイランドも行ってみたい〜〜!!!

今回僕らは、これからパラオの聖地ミルキーウェイに行ってきまーす(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です