「イランに行ったら、世界が変わる」 

世界に飛び出す前に、ボクは行きたい国をワクワク選んでいた。

タイ、インド、フランス、ケニア、ペルー、ボリビア、メキシコ、アメリカ…

だけど、「行かないだろうな。」と思う国もあった。

それが中央アジアに点在するイスラム教の国々だった。

アフガニスタン、イラン、イラク、トルクメニスタン…

だけど、旅を初めて半年、出逢った旅人にこう言われた。

「イランに行ったら、世界が変わる。」

イランなんて、何があるかわからない。
殺されるかもしれない。

そんなことを思っていた。

だけど、世界一周をしているからこそ得られる機会。

ボクはイランという怖い国に一歩踏み入れた。

昼ごはん食べたのか?
よかったら、これ食っていきな!

今日泊まるとこあるのか?
なかったら、うちに泊まっていきな!

たくさんの優しさと笑顔で溢れ

そこには、ボクが想像していたイランはなかった。

ニュースや本などの先入観で作られていた世界とは、違かった。

どこの国に行っても、子供は笑い、それぞれが幸せを求め、一生懸命生きていることを知った。

もっと世界を自分の足で歩いていきたい。

ボクの頭の世界が、ガラッと変わった瞬間だった。

 

IRAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です