2016年も終わりへ。世界一周をして変わったこと。

2016年も終わりへ

1年間というものは、終わってしまえばあっという間だ。

あの日。あの瞬間。

とっても輝いていたことも。

ものすごく頭を抱えて悩んだことも。

涙を流して感動したことも。

何カ月も準備して達成したことも。

・・・・

全ては一つの結びとして終わりになる。

そして、その結びは新たな始まりにもなる。

だから、僕はその結びをしっかりと結び、紐が垂れることなく日々を大切なものにしていきたい。

世界一周の終わり

僕の2016年で最も大きい出来事は、世界一周の完結だ。

2年半

約900日の旅

僕は今でも忘れない2013年11月13日

その日から日本を旅立ち、2016年4月28日まで1度も日本の地を踏まなかった。

ある意味、高校生の期間、世界をずっと周っていたような感じだ。

僕にとってこの2年半は、本当に最高の学びでした。

「授業を受ける」という受け身の物ではなく

「自ら体験しにいく」身になる学び

「知識として」ではなく「実感として」ものごとが身になっていく

だからこそ忘れない

これが今自分にある最も大きな自信だ

人から言われたこと・教わったことは、体験してないから自信がないし、確信がない

だけど、自分の身に起こり、体験したことは、自分にとっては最も信じられることになる。

この世界一周という旅に出て、僕は今までの人生で構築された「先入観」「常識」「知識」が解き放たれた。

それは僕にとってすごく「良いこと」だった

それはある意味「自分の可能性も肯定すること」になった

「誰かができなかったから諦める・周りに言われたからやめる」

そんな「自分の世界には、ないものが創りだした常識」よりも「自分の可能性を・自信を・想いを」信じるようになった。

僕が世界に出て、何が変わって1番良かったかというと、きっとこの部分だと思う。

よく「世界一周して変わったことは?」と聞かれるけど、うまく答えることができないことも多い。

小さなことから、大きなことまで、色んな発見や変化を体験してきた。

僕自身の性格とかは、特に変わっていないと思うけど、こういった僕の「頭の中にあった世界」が大きく変わったのだと思う。

こういった変化というのは、きっと本を読んでも、誰かに聞いても起こらない。

そして僕がこのブログを書いて誰かのためにできることは、これを読んでくださった人の頭の世界を大きく変えることではなく、その人が大きく変わるキッカケを作ることだと思う。

自分に自信を持てた時、初めて僕という存在を自分で認めることができるんだ

昔大学生の頃・・・

僕は生きる意味がわからなくなり、大学の図書館に行っては

「死の意味とは??」「生きる意味とは??」

そんな本を読み漁っていたことがある

まだ19歳だった

そのときに悩み過ぎて、哲学神経症みたいになった。

髪の毛もお風呂から上がると、100本以上はゆうに抜けていた

1年間近くずっと悩んでいたけど、誰も。本も。テレビも。答えを教えてくれなかった。

いや答えはあったのかもしれないけど、どれが答えかわからなかった。

でも、そこから抜け出すのは一瞬だった。

もうどうしようもなくなったときに、やりたいことを白いノートに書きだした。

海外に行きたい・友達を世界中に作りたい・英語を話したい・綺麗な海を見たい・知らない世界を知りたい・・・

それを書いた時に、「留学だ!!」

そう思い、行動に移したこと。

それがすべての解決の糸口だった

つまり、悩みの「結び」だ。

悩んでいた時間は、数年以上だけど解決するのは一瞬だった。

世界一周に出たこと・世界一周が終わったこと・今までの人生で起こったことは、今となれば一瞬の出来事のように感じるかもしれない。

だけど・・・

あのときに、何年も泣きながら悩んだこと

あのときに、留学に一歩踏み出したこと

あのときに、あの人と出逢えたこと

あのときに、世界青年の船に参加したこと

あのときに、会社を辞めたこと

あのときに、世界一周へ出発したこと

その全ての出来事が今の僕を創り上げてくれている

僕は旅に出て、僕を探していた。

そして旅が終わるときに、僕を見つけたことを今でも覚えている。

それは、これまでの自分が今の自分になっているんだ!!と気づいた。

「僕という自分自身に自信を持てた時、初めて僕という存在を自分で認めることができるんだ。」

だから、あなたという存在は誰かが教えてくれるのではなく、あなたが行動に移したこと全てがあなたになるんです。

もし今やりたいことがあったり、本当の気持ちとは別の行動をしていたり、モヤモヤしていることがあれば、その悩みをパワーに変え、一歩踏み出して欲しい。

その悩みを、お酒で一瞬に0に戻すのはもったいない。

友達に話して、0にするのはもったいない。

もちろん悩みを楽にするときも必要かもしれないけど、それを自分らしく生きるための一歩に踏み出すエネルギーにできたら、きっと大きく変わると思うんです。

僕は今、29歳

もうすぐ1月5日で30歳になります。

ここまでの29年間。本当に色んなことがありました。

本当に今までの29年間の僕に感謝しています。

今まで悩み悩んで、そしてそのエネルギーで一歩踏み出したおかげで、今の僕になることができました。

20代はとても国際的で、世界と繋がる10年間。

まさかこんなにも世界中に友達ができて、世界と繋がることができるとは思っていませんでした。

そして、30歳からは。

自分と繋がりたいと思います。

今まで本当に幅広く、何でもチャレンジしてきました。

そして、ようやく自分の本当にやりたいことに一歩踏み出せる自分になりました。

きっとそこに一歩踏み出すときは、一瞬の出来事だと思います。

でも、そこに一歩踏み出すのに、僕は何年も悩んだり、何千、何万人の方と会ったり、サハラマラソンを走ったり、ロバと旅したり、10日間言葉を発さずに瞑想したり、色んなことが必要だったみたいです。

その全てがきっとその一歩に繋がっている気がします。

だから、2017年は、大地にグッと足を着け、そしてその大地を思いっきり蹴りだしていきたいと思います。

一つ一つ。一日一日。一分一秒を大切に、自分を輝かすために、全ての力を出していきます。

今日は世界一周のことについて、まとめようと思ったのですが、まさかの人生のまとめみたいになってしまいました(笑)

明日は、世界一周のことを書いていきたいと思います。

では、また明日^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です