宇宙の子マサと行くビーチクリーンツアー最終日

今日ももちろん仮装して、ゴミを拾っちゃいます^^

img_0326

5人娘の彼女たちは、昨日の夜チャイナドレスを見つけて皆で買ったらしい!!

行動力と面白さへの追求が素敵だ~(^O^)/

そして相変わらず1番目立つのは、白鳥になったこういちマンモス笑い

 

img_0330

昨日はみんなでビーチのゴミ拾いをして、一先ずは綺麗なったビーチ

だったはずだけど・・・

1日で元通りでした

 

img_0338

こんなことが毎日地球上で起こっているんだ

確かに綺麗にしたはずのビーチ

だけど、昨日の今日の現実が突き付けられた

正直これを見た瞬間ショックだった

この出来事は、宇宙の子マサさんはもう3年近くも続けている

そりゃ精神的に辛くなることもいっぱいあるだろうな。

でも、僕らは続けるしかない

できることを続ける。今はそれが僕らにできること

img_0357 img_0371

みんな文句も悲しい言葉を一言も言わずに続けている

やっぱり仲間がいるって素晴らしい!!

img_0345

僕らがゴミを拾うことで確実にゴミは減っている

ただゴミが世界中では出続けているのも、現実だ

だから、ゴミを拾うこと・ゴミをしっかりと処理すること・プラスティックの商品を減らすことなど、色んな角度からアプローチしていくことが、きっと必要になってくる

それは教育だったり、ビジネスだったり、食だったり、根本の部分をみんなが意識していけたら、もっとスピードも速くなると思う

僕はこれを経験したからこそ、より意識が向くようになった

img_0391

最後に宇宙の子マサさんが、教えてくれた

海にキラキラ浮いている細かいものがある

一見それは綺麗そうに見えるけど、実はプラスティックだった

ペットボトル1つが風化して、粉々になっていく

たった1つのペットボトルがなんと1万個のコマかいプラスティックになる

それが海に浮いていて、それが魚が食べてしまう

そしてきっと人間にも・・・

今回ゴミを拾って思ったことが、細かいゴミを拾うことって物凄く大変!!!

img_0406

こういった細かくなったゴミを拾うのに、本当に時間が掛かる

例えば、1個のゴミを拾うのに、2秒かかるとして、1万個のゴミを拾うのに2万秒。

2万秒って333分

333分て、約5,5時間

ペットボトル1個を拾うのに、約5,5時間必要になってしまうんです(><)

本当細かいゴミが多いんです!!

これを知って、体験して、大変だと感じたことで、これからペットボトルを自然の中に捨てることはもちろん、落ちてたら拾おうって気持ちになるし、やっぱりプラスティックは使わないようにしたいな!って思った

旅をしてわかった行動に移すことに必要なことが

「知識+体験+感じる」

この3つです

この3つが揃ったら、勇気やワクワクや使命感などが湧いてくる

今回は、それを得ることができたことが自分の中でとても大きかった

img_0411

こうやってみんなとゴミを拾えたことも素晴らしかったし

大変なことを知るキッカケにもなった

だけど、「ここからどうするか!?」

それが何よりも大切なことだと思う。

ゴミを拾うツアーという前代未聞なものだったけど、みんなの笑顔がとっても輝いていた

img_0417 img_0425 img_0426 img_0427 img_0437

今回のビーチクリーンツア―がそれぞれの心に感動をもたらし、1つのキッカケになって貰えたらとても素敵だと思います

img_8744

このツアーは香港でも大きく取り上げられ、10社以上が記事にしてくれました!!

きっとこれからも大きな渦となり、「環境」というテーマ・「自分自身」というテーマが重なり合い、色んなキッカケが生まれていくと思います^^

宇宙の子マサさんは、現在インドネシアのバリ島でゴミ拾いをしています!

でも、僕らができることは海に行かずとも、きっと今目の前にもあります。

img_0451

see you tomorrow:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です