南極マラソン4日目

旅心

最高の未来はどんなものか。

知っているのは僕自身。

オーロラを見上げて@アイスランド

走った後も続いているレース

10時間走った後、船で何をすることが1番大切かわかりますか?

それは、濡れた靴・靴下・服など全てを明日の朝までに乾かすこと!!

濡れた靴で走ると、足がふやけて水膨れや豆が出来やすくなるので、絶対に乾かしたい!!

だから、暖房の上でルームメイトのユリアンと交互に乾かしていっていた。

あとは、体の疲れを翌日に残さないように、ストレッチしたり、食事をしっかり食べる!

僕は過去の砂漠マラソンで食欲がなくなったことがなく、体調についてはいつも絶好調なので、それが僕がサバイバルマラソンを得意とする理由の1つだと思う。

ケガや体調の悪化が、このサバイバルマラソンの最大の敵なので、走っていない時のケアを大切にみんな過ごしています。

南極マラソン4日目

今回のレースの概要は事前に知らされていなかった。

1日何時間走るのか、何日間で250km走るのか、それすら未だに謎の現状!笑

毎夜に明日のことを聞かされる。そんな毎日だ。

そして、翌日は朝6時起きだった。

ただいつものように天候が悪く、スタートが遅れていた。

今日はいつもより吹雪いているため、中々上陸が出来ず始まったのが、お昼の12時だった。

今日の天気は過去最悪。

最極寒で、水を弾くはずのアウターからどんどん水が入ってきていた。

体がどんどん冷えていて、動いていないと本当に体が冷えて終わってしまう!そんなことを思いながら、常に動き続けていた。

1日目は60km

2日目は25km

3日目は50km

今日は7時間の時間の中どれだけ走れるか。

できるだけ距離を稼ぎたいけど、足が冷えて中々進まない。

「走っているときって、いつも何を考えているの??」

誰かにそう聞かれたことがあるけど、何を考えているっけ?

走っているときって、とにかくシンプルになる。

余計なことは考えない。

考えることは、「最高の未来」と「近くにいてくれる人たちや仲間へのありがとう」

この2つだけ。

これからどんな挑戦して、どんなことで楽しく生きていきたいか。みんなが嬉しくなることをもっとしていきたいと。そんなことがとっても純粋に出てくる。

そして、今ここに立っていることが、みんなのお陰だと実感し、心からありがとうの気持ちが湧いてくる。

この2つだけ。

きっと僕が生きる上で必要な想いは、この2つだけ。

だから、マラソンに出ると僕はとっても幸せな気持ちになる!

あーやっぱりこれでよかったんだ!

これからあれしたいな!

これしたら、みんなで楽しいことできていくなー!

とワクワクがどんどん出てくる\(^o^)/

夢中になり、本気を出せる環境であることって、人生をとっても純粋にしてくれる。

だからこそ、挑戦することや冒険することが、僕らを幸せにしてくれるんだと思う。

例えば誰かが無理だと言っても、本気になれることは、自分で可能であることを証明したらいい。

世の中の無理や絶望を受け入れて人生を送ることほど、つまらないことはない。

だからこそ、自分で見つけた光に向けて、本気で旅をしていく。

大事なのは、自分が本当に好きなことを見つけて、そこで輝いていくことだと思う。

僕はこれからも僕の大好きな彩りで輝き続けていきたい!!!

僕・そしてみんな

南極へ連れていってくれて、ありがとうございます\(^o^)/

これからもどんな光よりも眩しく光り続けます!!!

南極マラソン4日目終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です