まさゆめプロジェクト!!夢が「今」になる瞬間

世界一周学校 文化祭のフィナーレを飾るのは、この二人による演出

不動産企業に勤めている 赤間くん

伊勢志摩サミットで書を書いたことで、一躍有名になった書道家 伊藤潤一くん

これから始まるステージ 「正夢プロジェクト」の主役だ

この物語は、赤間くんが見た夢から始まった

ある日、赤間くんはこんな夢を見た

熊本の震災で使われていたブルーシートが床一面に置いてあり、そこに伊藤潤一くんがとてつもない大きな筆で、空を描いていく

そしてそこにみんなが虹を描いていく姿があった

その時の音楽は、九州新幹線が開業する時のcmソング

かなり具体的な夢を見た赤間くん

それを翌日に潤くんと会った時に伝えると。。。

潤くん「え!俺もちょうどデカイ筆買おうと思って、昨日調べてたとこ!」

そんな嘘のような、絶妙なタイミング!!

赤間くんが潤くんと会ってから、東京に戻り、それを僕らに話してくれた

「それは、もう実現するしかないでしょ!!!」

赤間くんが見た夢、それが「正夢」になる瞬間が文化祭でやってきたのだ!!

まさゆめプロジェクト

夢 赤間
監督 ばーばら
書家 伊藤潤一
虹 みんな

1年前 熊本を守ってくれたブルーシート

それを床に広げ、そこに潤くんが白いペンキで筆を下ろした

その全てを叶えてくれそうな大きな筆で、GIVEと今回の文化祭のテーマを書いた

そして。。。

次は、会場にいるみんなで虹を描いていく

人が大きく変わる瞬間があるとしたら、

夢を描いたとき

夢に一歩踏み出したとき

そして、夢が「今」になったときだ

そして、夢は終わらない

夢が今になったとき、喜びと感動に溢れ、その素晴らしさを誰かにプレゼントしたいと思うから。

僕らはこのブルーシートに乗せて、また新たなる夢に向かって動き出す

次の日の深夜

僕・赤間くん・ばーばらで、公園に行き、このブルーシードを手入れし始めた

僕らの夢は終わらない

そして、次はみんなが夢を叶える番です!!

今度は、赤間くん・ばーばらたとち一緒にみんなの夢を叶えます(^o^)/

最高の時間をありがとう!!!!

最後に赤間くんより

『ここにいる全ての人の夢が一つだけ叶うとしたら、それは世界平和しかないだろう』

世界一周学校文化祭で行われた『まさゆめプロジェクト』が始まる時の、池田親生さんの言葉。
もう、さすがです。

たくさんの人からのGiveによって、現実(まさゆめ)となった僕の夢の中のワンシーン。

熊本の被災地から届いたブルーシートを、
みんなで丁寧に拭き上げ、
それをホールの床に敷く。
想いのこもったブルーシートは青空のキャンバスとなり、
そこに、書家の伊藤潤一くんが、想いを紡いで『Give』の雲を浮かべる。
すると、
この日まだ顔も名前も知らなかった人たちが
おもいおもいの虹をかけ、抱き合う。

最後に床に残ったのは、もうブルーシートではなかった。

次の日、全ての片付けを終えて、その作品を広げて見ると、あの日確かにGiveと書かれたはずなのに、僕には違う言葉や感情が思い浮かんだ。

ああなるほど、そういうことか。

僕が見た夢の中のワンシーンは、みんなの手で夢以上のクオリティの現実となった。

たくさんのGiveをもらった僕は、
もらった分のGiveに+αを加えて次の人にこの想いを繋げようと思う。

最後に
この文化祭に参加してくれたみなさん。
準備、後片付けを手伝ってくれたみなさん。
この場を設けてくれた世界一周学校、そして三井ホールの方々。
イベントを盛り上げてくれたパフォーマーのみなさん。
本当に、感謝、感謝です。
ありがとうございました。

そしてこのプロジェクトは実はまだ終わってはいません!続きをお楽しみに!

ということで、夢の続きをお楽しみに(≧∀≦)w

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です