今僕に出来ること。ただ、ただ、1mmでも前へ。

大切なのは、今できることを誰よりもすること

生きていると、やりたいことって次々に出てくる

経験をするたびに

人と出逢う度に

知らない世界に一歩踏み出したとき

もっと深みを知ったとき

そこから、自分が「好き」とか「やりたい」って気持ちが溢れてくる

その気持ちはいつも同じ感覚なわけではなくて

①この人と一緒にやれたらきっと楽しいな!!というところから来るワクワク

②これをしたら、きっと誰かが喜んでくれる!!という貢献的なワクワク

③未知の世界を知りたい!!という好奇心&冒険心的なワクワク

④これを達成したら、きっと魅力的な自分になれる!!という成長するワクワク

僕は今までそれぞれのワクワクを大事に、色んなことにチャレンジしてきた

もちろんこの4拍子が揃っていると、僕のエネルギーが最も使われ、俄然やる気も発揮する!!

僕が世界一周に出たのは、「未知の世界を知りたい&自分の成長意欲」だった。

そして、その世界一周という物語に、「色んな人と関わっていきたい&誰かのためになるものにしていきたい」という意味を込めて、ブログを始め、そして色んなことにチャレンジした

その1つが世界一過酷と言われるサハラマラソンだ

1週間で250kmという距離を、最高気温55℃、15kgのバックパックを背負って走るレースに僕は出場した

250kmという距離を砂漠の中走る!しかも荷物を背負って!

こんな変態なレースに参加できることにとってもワクワクした(≧▽≦)

「それを走り終えた時の感覚ってどんな感じだろうか??」

無理といわれることを達成して、自分の可能性や見守っていてくれる人の勇気になったら嬉しい!!

ここには色んな要素が備わり、このチャレンジは僕にとってもすごく大きな出来事だった

250kmという距離ってみなさんわかりますか??

海岸に行ったときに見える地平線て、あんなに遠く見えるけどたった4kmくらいの距離らしいです

初めて砂漠を歩いた時の足のとられ具合

砂漠による照り返し

何度越えてもやってくる地平線

ゴールなんて、最後の最後まで見えてこない

途中に何度も足が痛くなり、辛くなった

もう足が動かないんじゃないかって。。。

見えないゴールって本当に大変だった

だけど、少しずつでいいから足を動かして、ただ今いる場所から一歩

ただ一歩

それだけを出していった

決して大きな一歩じゃなかったけど、確実に1mmでも1cmでも、前には進んでいる

その確かな「現実」を僕は信じることにした

どんなに辛くても、足を引きずっても出すその一歩が、僕をゴールに連れていってくれたのを、僕は今でも覚えている

そして、これからも忘れない

このときに、「諦める」ってことが僕の生き方から消えていった

どんなに辛くても、見えなくても、今いる場所から1mmでも前へ!!!

ただそれだけをまずはしていく

そして、その距離を伸ばして、いつかゴールに辿り着くんだ!!!

今僕が目指しているオリンピック出場は、250km先ではなく、約4年後のゴール

そして、実際にオリンピックに出場している人とはタイムがとても離れている

そこを比べると、途方もなく遠いものに感じるけど

毎日

ただ毎日1秒でも多く近づき、大きな一歩ではなく、一歩の積み重ねで絶対にそこに辿り着き、追い越してみせる!!!

だから今僕にできることは、ただ毎日できることを、そしてできること以上の努力を積み重ねていくこと

それが間違いなくゴールへの道になっていると信じています

「今できることを誰よりもやる」

これを胸にこれから4年間進んでいこう!!!

よし!!明日も楽しみだ(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です