日本がラグビーW杯で優勝したら、15円硬貨を作ろう!!

お金の硬貨・紙幣の単位って、だいたい1・5・10の単位ですよね!

1円、5円、10円、50円、100円、・・・1000円・・

アメリカドルやユーロも同じように1・5を使っています。

そんな中、僕の大好きなフィジーで「世にも奇妙なお札」を発見しました!!

世にも奇妙な7ドル札

僕が大好きなフィジー。

そこは、世界一幸せな国とも呼ばれ、「あなたは幸せですか?」と聞いたら「幸せ!」と答える人が、世界で最も多いと言われています!

フィジー人は、みんなジャイアンのように大きな体をしていますが、心がとっても広い、優しいジャイアンたち!

そして、とってもピースフルな人たちで、僕が喉乾いたと言ったら、雨が降っていたので、雨水をコップに溜めている先生!笑

そんな幸せな国フィジーですが、いわゆる先進国でなく、今の生活を自然と共に楽しんでいます!

だけど、公園では、子供からお子供から大人まで、みんなガムシャラになってみんなでラグビーをしています!!

学校では、放課後トレーニング。

トレーニングに丸太を使っているのが、フィジーらしいですが、毎日トレーニングをして追い込んでいる姿を見ていました!

国技でもあるラグビーは、みんなの誇りでもあり、ラグビー選手はフィジー人みんなにとっての憧れ!

ラグビーの試合の日になると、ラグビーがその日の話題の中心だ!

そんなフィジーがついに2016年快挙を成し遂げた!!

リオオリンピックで新たに採用された7人制ラグビー。

その大会で、強豪イングランドに勝って、優勝したのが他でもないフィジー。

その喜びは、国中に広がり、そしてまさかの事態まで起こった!!

この「喜びと誇り」をなんと、お札にしてしまったのです!!

7人制ラグビーということで、世界で発行されたことがなかった「7」という単位のお金。

今までの常識にはなかった7ドル

「使いやすい」よりも、「誇りと喜び」を形にするフィジーは、とっても素敵な幸せな国でした。

日本も15人制ラグビーで優勝したら、「15円の硬貨ができたら、嬉しいな!」とスコットランドに勝利した夜に思った願いでした。

この熱狂がいつかの希望の物語になりますように。

日本代表のみなさん、本当に大きな感動をありがとうございます!!

「世界幸福度ランキング」とは何なのか。まずは、幸福度調査について知っておく必要があります。

幸福度調査にはざっくり言って、2種類あります。「主観系」と「客観系」です。主観系は、シンプルに幸せかどうかを質問するタイプです。

たとえば、2011年にフィジーが1位に選ばれた「レジェ・マーケティング(カナダの世論調査会社)」による幸福度調査がそれにあたります。

これは、58カ国の男女約5万3000人に対して、対面、電話、インターネットで調査し、「幸福を感じる人」の比率から「不幸を感じる人」の比率を差し引く「純粋幸福度」を国別に比較して作られています。純粋幸福度の世界平均は40。フィジーはその2倍以上の85でした。日本は58カ国中、23位と真ん中ぐらいです。

世界幸福度ランキング1位の国フィジーへの移住。「世界最幸」の4つの秘訣とは?より引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です