幸せ迷子

よく僕のところに、いろんな人が相談に来てくれる。

世界一周したいんですけど、どこの国がオススメですか!?

世界一周する上で、やったほうがいい事ありますか??

など旅に関する質問であったり、

頑張りたい!って気持ちはあるんですけど、何したらいいかわからなくて。。。

好きなことってどうやって見つけるんですか??

やりたいことはあるんですけど、中々続かなくて。。。

と、「好きなこと」で生きるための質問であったりもする。

世界一周や旅など目的が決まっていることに対しての質問は、答えやすいというか、僕の体験や尺度から話ができる。

だけど、「好きなことがわからない」に関する質問には、絶対的な答えがないから、とっても難しい。

こんな相談たちの1つの時代の流れについて。。。

幸せの多様化が人を迷子にする

将来はさ、お金持ちになって、庭付きの大きな家を買って、そこでゴールデンレトリバーを飼って、みんなでキャンプに行きたいから、大きな車を買うんだ!!

こんな幸せの在り方もいいと思う。

そのために、「お金持ちになる」という幸せの道筋が示されている。

だけど、それが2010年くらいを境目に変わってきている気がする。

お金を稼ぐよりも、好きなことしている方がいい。

お金よりも時間の方が大事。

働くよりも、遊んでいたい。

いろんな在り方が出てきて、幸せが多様化し、社会や世界が「こうなったら幸せだよね」というのを示せなくなってきている。

あとは、「好きなことをやる」が「嫌いなことはやらない」とイコールだと思っている人もいて、そこが幸せの落とし穴でもある。

 

Youtuberになりたい!って素敵な夢だと思っていて、youtuberになることって登録すればすぐになれる。

だけど、見てくれるお客さんを1万人、100万人と増やしていくには、こうしたらいいかも!こんなことするといいかも!こういうことにもチャレンジしてみよう!と創意工夫や試行錯誤が入り込んでいて、そこすらもやりたいことを達成するための1つの物語として、乗り越えていくことがみんなが憧れているYoutuberの姿だと思う。

何かをやり始めて、あーやっぱり好きじゃないなぁ。というのは、「好きじゃない」が「大変だから」って理由だと、次もやめる可能性がある。

だから、なりたい自分像に目掛けて、夢中になれること。

「大変すらも幻想にしてしまうこと」を見つけていくことが、何より大切なことだと思う。

「幸せの多様化」と「お金の稼ぎ方の多様化」という選択肢の多さが、幸せから遠ざけてしまっている原因の1つかもしれないけど

世の中にある選択肢から選ぶことよりも、

「自分の好きなことをどうやって、色んな人に喜んでもらえるようにするか」

そこに夢中に創意工夫していくことができたら、どんな世界になっても生きていけると思っている。

 

今もし好きなことがわからないって人がいたら、遊ぶことがいいと思う。

この人いいなぁ〜〜って思う人がいたら、その人と一緒に遊ぶといいと思う。

そして、楽しい。とか。可愛い。とか。すごい!とか。不思議〜〜!とか。わぁ〜〜!と感じることとか。

そんな感情が何よりも自分の生き甲斐になると思うから、「じゃあ次はこれしてみよう!」と続けていくといい気がする^^

そして、僕と遊びたかったら、僕とも遊ぼー\(^o^)/

僕はみんなの正解は持ってないけど、自分が夢中になれることに向かって走っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です