キミの夢はセブから始まる

昨年から、「語学学校CROSS×ROAD」オーナー岡本琢磨さんとのご縁で、セブに行く機会がめちゃくちゃ増えました!!

お陰様で、こんな綺麗な海に毎回来ています^^

そして僕の海外渡航数ランキングで、フィジーを抜き、フィリピンが1番になりました!!

1位 フィリピン8回
2位 フィジー 6回
3位 タイ??

あとは、渡航2回くらいのところが50ヶ国くらいあります!笑

そして、フィリピンのセブ島に9月にも来たわけですが、いつもお世話になるのは、クロスロード。

旅人が集まる語学学校で、ここが旅人の旅の出発点になる場所になっています。

世界一周に行く人、ワーホリに行く人、海外就職をする人、世界へ飛び出す人たちが英語を学び、そして仲間を作る場所。

僕は留学って、英語を学びに来る場所だと思うけど、みんな英語を使ってその先にある「夢」を目指している情熱のある人ばかり。

だから、そんな情熱を持った人たちが繋がるってことが、人生の大きな財産だと思っています!!

オーナーのたっくん。僕は寝ているわけじゃなくて、タイミングが悪かっただけですwきっとww

旅をしたくて、英語留学をしたい方がもしいたら、CROSS×ROADさんオススメなので、ぜひー!!

僕の紹介と言ってくれたら、きっといいことあります\(^o^)/

CROSS×ROAD

夢セブ

そして、今回セブに来た理由は、夢セブというイベントに登壇するため。

夢セブとは、「キミの夢はセブから始まる」の略称で、セブから夢を発信して叶えていこう!!という想いで作られたイベントです。

今回書類選考や面接などをクリアした6名の方が、イベントに登壇し、夢を語るのです!

そして、夢と言ったら僕でしょ!!ということで、日本から飛んで来ました\(^o^)/

僕は20歳の時から、やりたいことが途絶えることなく、常に目標や夢があるタイプの人間。

山登ったら、「なんだあっちにもっと高い山あるじゃん!」と

また登りに行くタイプです!笑

しかし、今回イベント前日に腹を下すというピンチに見舞われ、練習しながら、トイレと仲良くしていました(≧∀≦)w

今回は15分で夢を語るというルールで、それ以外何でもあり!

僕は夢が溢れすぎてて、15分に収めることが何よりも大変でしたww

僕も含めて6名の登壇者は、

旅するインタビュアーとして世界を飛び回る人

3年で解散する劇団空白ゲノムのリーダーとして活動する人

フィリピンの貧困サイクルをぶっ壊す

など、ユニークな人たち。

僕はTEDxNambaに引き続き、大トリということで、少し緊張!笑


(photo byゆりぴょん)

緊張しているけど、一旦ステージに立つと、なんか話すのがめちゃくちゃ楽しくて、ある意味「夢遊病」なんじゃないかと思うくらい時間とか緊張とか忘れちゃうww

僕のこれまでの体験と、そして「ご縁つなぎプロジェクト」について語りました。

5円玉と世界のコインを100万枚集めて、世界地図を作っていくというお話で、詳しくはこちらをぜひ^^

ご縁玉100万枚のピースで繋ぐ 「世界で最もあたたかい世界地図」

 

そして、夢セブでの話をした後に、いろんな人が感動しました!!と声をかけてくれて

「どうやったら、あんなに楽しく話せるんですか??」と聞かれました。

僕は知識を話すことはほとんどなくて、体験したこと・体験して感じたことを話します。

だから、あの時に感じたあの瞬間に僕は戻ることができ、テンションが上がります!笑

それが言葉になっている感覚なので、楽しく僕も話せているんじゃないかなぁと思ってます\(^o^)/

(日本一周学校じゃくて、世界一周学校ね!笑)

夢を語る力はすごかった!!

夢を語った後に、多くの方が

5円玉です!

海外のコインです!!

と届けに来てくれました。

今回結果として、グランプリをいただくことができ、それも最高に嬉しいですが、こうやって夢を語ったことで、自分の夢がどんどん進んでいく感じがとっても楽しくて、大好きです(≧∀≦)w

翌日にカフェにいたら、「マサトさんですか!コイン渡したいです!!」と声をかけていただき

夢を語るってスゲェーー!!!と感動していました!!

僕からできる恩返し

今回主催してくださったワオージェのみなさん・セブ在住の様々な方々。

みなさんにできる僕からの恩返しは、夢に向かってどんどん突き進み、夢を応援して一緒に感動できてよかった!!と夢へチャレンジして現実にしていくこと。

そしていつの日かマサトって夢セブで夢を語ったらしいよ!おれも出てみようかな!

とセブから夢を叶えていく人たちが、どんどん増えていくそんな循環を作っていきたい。

ということで、今回いただける賞金で早速あるものを購入しました!

乞うご期待\(^o^)/

(photo by ゆりぴょんありがとう!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です