世界最長12mの竹あかりをいざ創ります!!withイケダチカオ

☆旅心☆

心が動けば、体も動く!!

世界最長の竹あかりを創るために!!

竹あかりアーティストをしているCHIKAKEN(二人組)の一人イケダチカオ

彼は、考え方がとってもアーティストで想像力がすごい!!

楽しいことをイメージしては、それを実現するために動いていく特攻者

ここサイハテでは、なんと12mの竹あかりを創ると言い出した(笑)

普段は、2,3m前後くらいの竹あかりを作っているけど、こんな高いのはもちろん初めてだ!

maxresdefault

彼の楽しみは、「作る」よりも「創る」こと

『今回は、創作の「創」をやらせてもらうから、ワクワクするよね!』

なるほどなぁ~^^

たしかに、作るというのはやり方がわかっていて、作業に近い。

だからワクワクしなくなる

最初は、「創」だったものが、「作」に変わる。

だから常に新しいことをしていくことが楽しかったりもする

もちろん同じことを極めていくことで、想像を超えるものができあがることもある

今回は、イケダチカオの想像を創るために一緒にやっちゃいます(^O^)/

12mの竹あかりを制作しよー!!

img_8037

こちらが今回使用する竹です!

長過ぎて写真に入り切れてません(笑)

不安①

マサト「これ立つの!?(笑)」

イケダチカオ「わかんない!やったことないから!立てるしかないでしょ!」

不安②

マサト「二人で10本の穴あけ終わります!?」

イケダチカオ「おれもこんな穴空けるの何年ぶりかだよ!(笑)やれるでしょ!」

ということで、やります(笑)

img_7997

まずは、竹にデザイン

チョークでデザインを描き、その線に沿って穴を空けていきます!

img_8006

お次に、ドリルで穴を空けます

ドリルは、10種類以上の大きさがあるので、その強弱で光の出し方を変えていくのです!

img_8014

穴を瞑想のごとく空けていると、「なんか楽しそう~!」という人たちがやってきてくれました~!!

img_8056

人数が増えて、ちょっと安心^^

だ・け・ど

「楽しかったです!ありがとうございました~(^O^)/」

と穴を空けることの大変さを知り、1人また1人といなくなってしまった(笑)

いや楽しいんですけど、量が多過ぎ(笑)

12mはハンパないのですΣ(゚Д゚)w

img_8071

お昼は、絶対音感ならぬ「絶対味覚」を持っていると言われる方のご飯をいただきました!

絶対味覚ってすごいですね!僕もその試験があったらやりたい(≧▽≦)

お昼を食べて、またすぐ穴を空けます!

チカオさんは、風邪気味だったので一旦キャンピングカーで休息

僕はインドで、10日間言葉を発せず瞑想し続けた「ヴィパッサナー瞑想」で培った集中力で、1人穴を空け続けました

img_8082

なんとか暗くなる前に、穴あけ作業は終了!!

この後は、最大の難関である

竹あかりを立てる作業!!

img_8049

穴を1m~1,5程掘り、ここに竹を刺すという斬新かつシンプルなやり方です(^O^)/

これで12mの竹が立つのだろうか???

僕もみなさん同様、不安がいっぱいでした(笑)

だけど。。。

これが立っちゃうんです(≧▽≦)

img_8084

すげぇ~~!!!

これを一本一本慎重に男3~4人で立てていきます!

img_8094

竹の中には、ロウソクではなくLEDライトを入れます

竹の節ごとに穴が空いていて、節の部分にライトを乗せます

12mもあるので、上の方は予めライトを入れて、下の方は竹を立ててから入れます!

img_8093

そして、朝8時から12時間・・・

遂に竹あかりができました~~!!

img_8096 img_8100

写真じゃ伝わらない~~Σ(゚Д゚)

これめっちゃすごいんだけどなぁ~!!

最後に竹あかりアーティスト・社会冒険家イケダチカオよりメッセージ

お月さん 今日は少し 休んでて

月を見上げ
日々に想いを馳せ
幸せをかみしめる

いつもは みんなに見上げられてる お月さんも
たまには なにかを見上げる時間がほしいよね

お月さんが見上げるくらいに
堂々と しなやかに 凛々しく 立ってる
12m の 竹あかり

作るではなく 創ることができる場所
お月さんにも優しくなれる時間が流れてる場所
そんな三角エコビレッジサイハテが5周年を迎えた。
おめでとう という言葉ではなく ありがとう
という言葉を贈りたい。

ということで、僕らの世界最長竹あかり創りは完了しました!!

img_8114

よーし!明日は山口県萩市だー(笑)

see you tomorrow:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です