anoneから始まる物語。熊本の昨日と今日と明日を繋げていく

☆旅心☆

体験して、感じて、知る。そこから動くパワーが湧いてくる!!
世界一周ブログに参加しています^^
応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

anone

「あのね」って
誰かが誰かに伝えてきたこと。

そこから 生まれてきたものには
受け継いできた人たちの
“ものがたり”が詰まっていて
なんだか あたたかくて
毎日 大切に使いたくなります。

思わず「あのね」って誰かに伝えたくなる
熊本の“ものがたり”たち。

あなたがそれを楽しむことで、
笑顔になれる人たちがいます。

熊本のエコビレッジサイハテにて、竹あかりを創ったあと。。。

朝5時起きで、僕はイケダチカオと山口県は萩市に向かうことになった

今回は竹あかりを創りに行くのではなく、「anone」というプロジェクトだ!

img_8129

ここは、熊本の荒尾市にある小代焼を造っている工房だ

ここで食卓に並ぶ食器を受け取り、今日は山口に持っていく

熊本の震災が起き、地震で多くの食器が壊れた

「食器だからいい。また造ることができる。」

そう思うかもしれない。だけど、そこには食器を造った人の想いも込められているかもしれない。

イケダチカオさんが作ったanoneプロジェクトの想い

14962628_1805248866402417_6117534319491516087_n

僕にできること

食器の棚の一番手前 お気に入りのよく使う器。

今回の震災で 一番はじめに 割れてしまったのは

そんなお気に入りの器たちだった。

熊本の荒尾 ふもと窯の井上さんが丁寧につくっている小代焼き。

器が割れたのも かなしかったけど

一番に井上さん達の顔が浮かんで心配になった。

知人の連絡をうけて 井上さんが 大丈夫だと いうことを聞いて ほっ とした。

少し 落ち着いたら 井上さんとこにいこう。

”安くてたくさん” も もちろんいいのだけど

生活の中に 繋がりが感じられる ”丁寧をちょうどよく”も とても気持ちがよい。

こんな風に ものを通して 人と人が繋がってるような

ものを通して 毎日が少し丁寧になるような

熊本が今回をきっかけにそんな風になっていけたら素敵だ。

こわれて 悲しいは そこに想いがある証拠。

今回の震災で感じたこと。

形がこわれてもなくならないもの。

それを繋いでいきたい。

ーイケダチカオー
(HPhttp://www.anone.co/

今anoneでは、井上さんが造った小代焼を買って、販売している

井上さんは、販売できないもの(いわゆる2級品)を捨ててしまっていた

でも、その品物もとっても綺麗で素敵なのです!

anoneではそれを買い取り、販売しています。

しかも、1つ売れたら、1つ被災地に届けるという熊本を繋ぐプロジェクト!!

とても、素敵だと思う。

海外では、靴を買ったら、1つ靴がアフリカの子供に届けるというお店があった。

そのコンセプトが素敵であることもあり、とても賑わっていた

img_8130

九州から関門橋を渡り、山口県の下関に入った


今回のanone展は、萩で有名なゲストハウスrucoで行われた

img_8135 img_8142

あのね!宿も食器も素敵すぎて、ビックリ(≧▽≦)

img_8134

この食器でご飯を食べたい!!

「丁寧に作って頂いた物を、自分で選んで、それで美味しいご飯を食べる。」

そんな一連の流れ全てがワクワクする(^O^)/

もしかしたら、見えない想いが僕らを幸せにしてくれるのかもしれない。

img_2467

ゲストハウスruco&anone

とっても素敵でした!ありがとう~(^O^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です