第29回「世界青年の船」出港式へ

☆世界一周旅心☆

「どの扉を開けたい??」

あなたの進む道は、あなたが選ぶことができる

第29回「世界青年の船」出港式へ

横浜のみなとみらいにある大桟橋

ここは世界と日本を繋ぐ港

僕は9年前、ここから世界へ向けて出発した

あれから9年

今も毎年新しい青年が世界中の人と国際交流を行い、リーダーシップのある若者がどんどん生まれる船としてこの世界青年の船は大活躍だ

1月末に出向する船は、約40日をかけ、今回は給油場所としてバヌアツ・ソロモン諸島、寄港地活動としてフィジー・ニュージーランドへ行く

毎年航路は西と東へと変わり、乗船する国々も異なる

ちなみに参加国は、日本・ブラジル・カナダ・コスタリカ・エジプト・フィジー・インド・ケニヤ・ニュージーランド・トンガ・ウクライナ

全11カ国

日本は100名を超える参加者

他国は、各国約10名の参加者

船は日本最大級の客船「にっぽん丸」

大桟橋の横に停泊しているにっぽん丸

この船で、海外青年と共同生活を送り、船内では様々な活動を行なっていく

・コース別に分かれたディスカッション

・各国のナショナルプレゼンテーション

・委員会

・部活動

・青年自身が考えて行うセミナーや活動

船がまるで学校のような、そして地球のような存在になる

船内には、色んな活動ができる場所として

ピアノラウンジ・映画が観れる部屋・スポーツデッキ・体育館・図書館のようなドルフィンホールなどがある

そして、今回の世界青年の船には、僕の師匠でもあるゆーまさんが日本のナショナルリーダーとして乗船

左から2番目がゆーまさんです

参加者は、18歳〜30歳までしか乗船できませんが、ナショナルリーダーとサブナショナルリーダーだけは、30歳を超えて乗船できます!

そして、僕ら第21回世界青年の船メンバーも何人か集結!!

参加した時は、大学生だったのに今や子供もいるお母さんになっている人も結構多い

時代はどんどん変わってるなぁ〜〜としみじみ思う

自分が歳をとったことよりも、周りが結婚・子供を授かることで、変化を感じる今日この頃

船内では、出向に向けたオリエンテーションが開催され、これから体験する40日に向けて、みんなで想いを重ね合わせた

僕が乗船した時も、本当にこの40日間はとて濃く刻まれ、今も僕の人生における世界への扉を開いてくれた大きなキッカケだった

きっとみんなも、喜んだり、辛かったり、楽しかったり、感動したり。。。たくさんの想いがいっぱい訪れると思う

それは、本気で向かい合ったからこそ得られる素敵な時間

きっと今は、太平洋ののどこかで素敵な世界を体験しているんだろうな^^

みんなvon voyage!!!!

来年度の世界青年の船の募集も始まりました!!!

詳しくはこちら^^

http://www8.cao.go.jp/youth/kouryu/bosyu.html

もし参加したい方で、アドバイスが欲しい!&質問があるという方は、お気軽にコメントください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です