「どこまでも行ける」 

旅心

目の前が大きなコンクリートジャングルだったり

地位、名声、お金、名誉が渦巻いてたり

目に見えない社会の枠だったり

いつの間にか自分の周りにできた大きな壁

そんな世界から飛び出し、真っ白な氷の大地へ

よーい、ドン!!

と思いっきり走ってみる。

いつぶりだろう。こんな本気で走ること。

このまま風とともに、ボクはどこまでも走って行ける気がした。

子供の頃って、ずっとこんな気持ちだったんだろうな。

勝手に縛られて、不自由になったらつまらない。

地球は相変わらずボクらを自由に遊ばせてくれている。

 

RUSSIA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です