「変わったのはボクか、バッタか」

旅心

「変わったのはボクか、バッタか」

旅をする前に
「10日間言葉を発しちゃいけない瞑想」がインドにあるらしいと噂に聞いていた。

「ヴィパッサナー瞑想」

宗教ではなく、ブッタが悟りをどのように開いたかを体験できる瞑想。

とにかく誰ともコミュニケーションを取ってはいけないんだけど、それってどんな感覚なんだろう?

そんな興味で、ボクはインドのまるで牢獄のような場所に入った。

始まる前に聞かれたことは
「which do you like western toilet or eastern toilet」ということだけだった。

ボクは日本人だけど、洋式のトイレットを選び、部屋が決まった。

大きな壁で囲まれた敷地は、外界から切り取られた世界だった。

毎日4:00に起き、21:30までの間に12時間瞑想をする。

ブッタが悟りを開いた経緯を聞きながら、瞑想方法を学ぶんだけど
頭の中は、過去のことを思い出したり、未来のこと考えたり、後悔したことから、楽しかった思い出を振り返ったりしていた。

ただ3日もあれば、考え事もなくなっていく。

そして、1日目から日本人夫婦の方がリタイアしていなくなっていた。

時間が無限のように長く感じていた7日目のこと。

休憩の時間に、運動不足解消のため10mくらいの道を参加者がひたすら往復していた。

ボクもやってみようと歩いていると
普段気にすることもないアリが目に留まった。

アリってそういえば、足何本だっけ?
1本、2本、3本・・・・6本か。

花を見て、雌しべと雄しべを数えてみよう。
1,2,3,4・・・・

そんな時に、いきなりバッタが飛んできた!

わぁ!気持ち悪い!

そう思ったボクは、とっても不思議な感覚になった。

あれ?子供の頃はバッタを喜んで捕まえていたのに、今はバッタが気持ち悪くなっている。

日本にいるバッタと変わらないのに、なんでだろう??

変わったのは、バッタじゃなくて、ボクの心なんだ。

何かを嫌いになるってことは、自分の心の中に嫌なことが生まれたからなんだと気がついた。

好きもそうだ。

自分がバッタ気持ち悪いという条件づけをしているだけだった。

自分の好きや嫌いは、世界の真実ではなく、ボクが思い込んでいたこと。

そう思った時に、ボクは世界中をもっと好きになれる気がした。

もっともっとたくさんのものを好きになりたい。

その方が、きっと世界は楽しいだろうな。

ボクの心が平和になったら、世界は平和になった。

 

ジョードプル。インド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です