「地獄の門」

旅心
「地獄の門」

独裁国家と呼ばれるトルクメニスタン。

報道の自由度は、世界ワースト3位にもなるとても閉鎖的な国だ。

だけど、国民の医療費は無料、学費は大学まで無料。

その理由が、天然ガスの埋蔵量だった。
天然ガスの埋蔵量は、世界4位。石油にも恵まれている資源大国。
国土の70%が砂漠であった。

そして1971年に天然ガスを掘り当てるため、穴を掘ったら落盤事故が起こり、できた穴は直径60m。

有毒ガスを防ぐために燃やしてみたものの、ガスは止まることなく、もう50年近く燃え続けている。

ボクは、地図にも載っていないその場所を目指すことにした。

行き方がさっぱりわからないボクは、砂漠の手前にあるレストランで行き方を教わった。

「あなたの影と逆方向に進めば、きっと着くわよ。」

わかりやすい!ありがとう!

そしてその言葉を信じて、砂漠の中を歩き続けていたら、途中ラクダと出会った。

そうそう、ラクダのコブって脂肪ではなくて、水らしい。

だから長いこと砂漠で暮らせるみたいだ。

ボクも出発前に、できるだけ水をたくさん飲んでみた。

それから数時間歩いてみると、突如赤い大きな穴が現れた!

業火のようにボウボウと火が舞い上がり、まさに地獄への入り口のようだった。

その見た目から、この穴は地獄の門と呼ばれている。

そして驚いたことは、影の逆方向に進むことが、間違いない目印だったこと。

今日は曇りじゃなくてよかったな。

帰りは影がなくなったので、この穴の火で暖をとり、野宿したのは今でも熱い思い出だ。

トルクメニスタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です