「人生加点式」

旅心
「人生加点式」

アフリカはバスを乗り継ぎ、移動していた。

大きなバスから、小さなワゴン車まで、バスはギュウギュウ詰めの時が多かった。

もちろん定員なんてなく、乗れるだけ乗せた方がお金が稼げていい。

そして、長距離バスに乗っていると、途中お菓子やご飯を売りにきたりする。

ボクはフルーツが好きなので、バナナやマンゴーが売っているときは嬉しかった。

しかし、マラウィからザンビアに入ったときだった。

バスの中で、まさかのカツラが販売されていた。

普通カツラ売る!?!?

欲しくても、恥ずかしくて誰も買わないでしょ!

しかし、よく見たら色んな人がカツラを被っていることに驚いた。

ストレート髪のカツラ、バイキンマンみたいなツノが2つあるカツラを被っている人までいる。

そして、外を見たらパンチマーマのような癖っ毛の子が櫛(くし)を髪に刺していた。

なんか、彼ら・彼女らを見てボクは心が救われた。

ボクは髪の毛が癖っ毛で、それが嫌で恥ずかしくて、隠したかった。

それを欠点だと思っていた。

でもこっちは違う。
隠したいんじゃなくて、これいいなと思うことを、ただやっていく。

ボクらは最初から100点で、後はどんどん加点していくだけでいいんだ!

人生1000点目指して楽しんでいこう!

 

マラウィ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です