「世界を好きな色に」

ピンクの街、白い街、青い街、黄色い街。

世界には、誰かの思想や文化によって染められた街がある。

色が十人十色あるように、僕らは人生を好きなように描いていける。

小学生の時に、「白い紙に何でも描いていいよ!」
と言われたときに、何を描いていいかわからなかった。
さらには、筆を持ちたくなく、描くということから逃げたかった。

「先生にお題を決めてほしい!」
「みんなは、何を描くのかな?」
僕は自分で、描くものを決めれなかった。

自分を、他人に任せていた。

だけど、好きなものがある人は、スイスイ筆が進み
自分の世界が出来上がっていくのを見て、カッコよかった。

そんな僕でも
今では、自分で筆を握りたいと思い、描きたいものを描けるようになった。

僕の「意思」が筆になり、僕の「好き」を色がカラフルに表現してくれる。

僕は旅をして、自分自身と出逢い
筆を持つことができるようになり、好きな色を手にすることができた。

勇気を出して、自分の筆を握っていこう。

僕は今とってもカラフルな世界に生きている。

モロッコ🇲🇦シャウエン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です