「ボクらは、まだ人生の途中」

旅心
「ボクらは、まだ人生の途中」

ボクは、まだ26歳。
大きな夢を描き、世界へと飛び出した。

アジアから旅を始め、中東、ヨーロッパ、アフリカ、南米、中米、北米と旅を続けようと出発した。

しかし、世界一周2日目。
中国で旅をしていると、仲良くなったおじさんに騙されて、いつの間にかボクは小さな部屋に監禁され、
マフィアと名乗り、黒いスーツを着たガタイの大きな大男2人に囲まれていた。

金を出せ!
とカバンを漁られ、持っているものを全部調べられた。

あ〜こんなことって本当にあるんだ!

映画みたいだ。。。
どうやったら逃げられるんだろう。

あいつを倒して、ドアを開けても、次のドアの鍵が開いてるかわからない。

友達に電話をかけようとしたら、携帯を弾かれた。

そして、言われた。
「お金を払えないなら、一生ここで働いてもらう。」

その時に思い出したことは、友達たちの言葉だった。

「何があっても、命だけは大切にして!お金はどうにかなるから!」

そんな友達たちの言葉を思い出して、またみんなに会いたい。そう思った。

ボクはクレジットカードで20万円を払い、その場から出してもらった。

旅に出て、2日目。
家に帰りたい。一旦日本に帰ってから旅を考えよう。
空虚感がボクを襲っていた。

だけど、中国に住んでいた友達と会って話していたら、
それは許せない!取り戻そう!!
と言ってくれた。

これから旅をする人のたちのためにも、何かできることはあるかもしれない。

そこからボクたちは警察を周り、警察と一緒にボクが閉じ込められた場所に突入した。

動くな!と警察が取り締まり、ボクはお金を取り戻すことができた。

ここで旅を終えていたら、きっとボクは世界を一生恐れていたかもしれない。

中国の人たちも、そうしなければ生きていけなかった理由があったのかもしれない。

あそこから旅を続けたことで、ボクは世界中の優しさに触れ、たくさん笑って、かけがえのない出逢いがあった。

どんなに辛いことがあっても、ボクらはまだ旅の途中。

世界一周をして、たくさんの修羅場を乗り越えて、人生の楽しさを知った気がする。

あのとき、世界一周2日目で旅を終えなくてよかった。

これからもボクは最高の旅になるまで、人生を生きてみたい。

 

CHINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です