「ここに広島、長崎、福島の土を入れたカプセルが埋められている。」

旅心
「ここに広島、長崎、福島の土を入れたカプセルが埋められている。」

バルト三国を旅したあとは、東欧を目指す。
ウクライナの手前に、ベラルーシという国が存在していた。

調べるとアイスホッケーが強かった。
他に特に有名なものが見つからず
日本のニュースでも殆ど見ることのない国。

縁もゆかりもない場所だけど
「知らない世界を知ること」がボクの旅だったので、ベラルーシへと入国した。

街を歩きながら、ソ連時代を感じさせてる建物やレーニンの銅像が建っていた。

そして、散策中にあるものに出逢った。

平和の鐘!?

その周りを見て回った時に、日本語を発見して目を疑った。

なんでこんなところに日本語!?

そこにはこう刻まれたいた。

「ここに広島、長崎、福島の土を入れたカプセルが埋められている。」

原子爆弾??

そうだった。
ここベラルーシはウクライナの北にあった。

1986年に世界最悪とも言われるチェルノブイリ原発事故が起こり、原爆の400倍の放射性物質が放出されていた。

それがここベラルーシにも大きな被害を及ぼしていた。

繋がってなかったと思っていた場所や人でも、同じ経験をして同じ願いを持っていた。

色んな国が自分ごとになったら、自分の国だけじゃなくて、世界中の幸せが自分の幸せに変わってくる。

一歩一歩がボクと世界を繋げてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です