南極マラソン2日目【南極の海は凍らない】

旅心

冒険をしたらいい

自分にとって本当に冒険のことをした方がいい

世の中の流行りに沿って、したくない冒険なんてしなくていい

ロバとの冒険@キルギス

南極マラソン2日目

南極マラソンの参加者は、ジョージ島から南極半島まで一晩中航海し、現在ダンコ島に向かうゲラチェ海峡を駆け抜けています。

えー、明日も朝7時からのスタートをするので、朝5時に起きて6時から朝食です。

まじかよ!アホか!笑

早すぎww

僕らは1日目の極寒マラソンを終えて、船で温かいご飯を食べれる幸せを感じているところに、明日のスケジュールが届いた。

これ毎日続くってすごいわぁ〜!

大会側は、4日間で250kmを走らせようとしてくるから、必死だ!笑

単純計算1日63kmか!

あと3日は天候次第だけど、走れるときに走らなければ。

今日1位だったのが、ルームメイトのルリアンだった!

ルーマニアという雪国育ちの環境が南極にも耐えうる体を作り上げ、圧倒的に早かった!

1日目は、約80kmを走るという快挙を成し遂げた!!

42歳でもこんなに走れるんだ!!って希望を感じさせてくれた^^

でも歳だから、早く寝て回復しないと〜〜!と冗談まじり(笑)

天候悪化

大きな氷河が流れている。

南極の巨大な氷河を見ていると、これは本当に「カケラ」であって、大陸にある氷河は巨大な山のようだ。

朝5時に起きてご飯を食べに行くと、今日は天候が悪く少し時間を待ってから出発すると連絡が入った。

みんな嬉しいのかホッとしたのかの、笑みをこぼしていたけど、その分終わりが長くなるかもしれないので、何とも言えない。

なぜなら今は、白夜なのだ!

つまりは、こうだ!

太陽がいつまでも沈まないので、ずっと明るい!

だから夜中でも走れる環境でもある!笑

今日は、ひとまずいつでも走れる準備をしながら、船の中で過ごすことになった。

と言っても、することはほとんどなく南極を眺めたり、流れ行く氷河を眺めたり

たまに出るクジラに興奮したりと、ホットチョコレートを飲みながら同じことを繰り返していた。

そして、スポンサーになってくださっているOWNDAYSの旗を掲げてみようとしたら、風がめちゃめちゃ強い!!!

やってわかったのが、南極で旗を掲げるってものすごく大変ww

そして、時は流れ僕らの出発は14時。

おかげで休むことができ、心も体もホッとした。

今日もゾディアックボートに乗って、この雪山に挑んでいく。

どこに行っても、雪と氷しかない世界にいることが不思議であり、そんな世界で冒険できていることが何よりも嬉しかった(^O^)/

わぁ!わぁ!わぁ!

初めてのペンギンだーーーー!!!!

やば!可愛い〜〜〜(≧∀≦)w

ぷにぷにしてて、この南極を何も着ずに過ごせるなんて、めっちゃすごい!!!

ペンギンて、脂肪を蓄えたり、空気の層を作れるような羽毛があったりして、南極で生きていくための体になっているみたい。

それで体脂肪を調べてみると、40〜50%は体脂肪らしい!!!

えっと、僕5%なんですけどwww

完全に寒いとこ向きじゃない(T . T)

サハラとか暑い方が向いてる気がする!!笑

そして、マラソンスタート前になんとかOWNDAYSの旗を立ててみようと、何度も試みた!

いただいた棒に旗を結ぶのが、手が悴んで痛すぎる!!

寒いとかじゃなくて、痛い!!!

これマラソンよりキツいんだけどww

また雪が柔らかすぎて、中々立たない〜〜笑

そしてやっと立った写真がこちら^^

撮ってみたら、結構いい感じ!!

今回OWNDAYSのサングラスなどを持って来ていて、船の上でかけてるのですー^^

そして、みんな気になるトイレ事情

トイレは指定された場所でしかしてはならず、自然の中でしたら即失格!!

これね!!笑

3kmの山

今日のレースは、3kmの山の周回レース。

時間は、4時間前後とのことで

その時間で、回れるかの耐久レース!!

いっちょやってみますかー!!!

(後ろでおしっこしてる人が気になるのは、内緒ねww)

ダンコ島でのレースがスタート!!

僕らはジグザグな山道を登っては下るルートを走っていく!

周りには巨大な氷河が悠然と輝き、たまにゴーーン!!!という雷のような音と一緒に、氷河のカケラが海へと落ちていく。

僕らは壮大な自然の中の本当に小さな一部なんだなと、思ってしまうほど、人間は小さかった。

だけど、相手が大きければ大きいほど、心は燃えて、自分の試したくなるのが人間。なのか、僕なのか。

やってやるぜ!!!

膝近くまで沈む雪の中を走っていた。

多くの人が走ることで地面が固まり、少しずつ走りやすくなってくる。

そして、僕ら人間がただただ走っているのを、

「この人たち何してるんだ??」と眺めているのが、南極の主人「ペンギン」だ

僕らを恐れることは何一つなく、ただただ興味があるのか寄ってきたり、何も感じないのか、ただ横を通り過ぎたりしていた。

そして、ペンギンは団体行動が好きならしく、一定の場所にずっと固まっていた!

今日は比較的晴れてるので、寒いと暑いの両方だった!

風は冷たいので、肌が出ているところは寒く、かつ日差しがめちゃくちゃ暑いから、日焼けもする!

なんかすごい環境だ!!

今日は休憩をほぼ取らずに、約3.5時間走りきった!

距離は25kmほど。

短い時間だったけど、雪山は足にくるーー!!

その分明日がきっと長くなるんだろうなぁ〜(≧∀≦)w

あ!そうだ、今日は温泉に入れるんだった!

レース前のこと。。。

「今日はレース後に、近くの温泉に入れます!入りたい人は、タオルなど持っていくように。」

ほう!これはめっちゃ入りたい!!

南極って火山地帯だから、温泉あるんだ!

最高じゃん!!!

そして、レース後。。。

海に入りたいひとは、そこから入ってねー!!

え???海???

温泉と海がくっついてるの???

そう思って、近づいてみたら。。。

完全に海。

南極の海。

心臓停止ありうる。

どうする!?どうする!?

ってか船の中で勉強したんだけど。。。。

南極の海は0度以下らしい

普通の水は0度で凍るけど、塩分を含んだ物質は凍りにくくなるという性質があるみたい。

だから、南極の海水は、マイナス20度にならないと凍らない。

殺す気か(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

でもさ、でもさ、南極の海って中々入れないし、入らなかったら後悔するかもしれない!!

1秒悩んだ結果。。。

やるでしょ!!!!

服を速攻で脱ぎ、パンツいっちょ!

そして、南極の海へ突っ込むーーー!!!!

ムリムリムリムリムリ!!!!

イタイ

イタイ

イタイ

カラダガイタイ


カラダガマッタクウゴカナイ

 

ってか海から出たら、もっと寒くて風に当たった指が凍傷した気がするほど、痛すぎる!!!

まじで温泉とか言ったやつだれだ!!!笑

最初からはめる気だったなぁーーッッ!!!!

こうして南極マラソン2日目が終わりました。。。

明日走れるといいな!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です