南極へ最終準備

旅心

お金がなくても、工夫して楽しく生きていける力を手にして

人々の優しさを味わい

みんなに感謝が溢れて

誰かの喜びを作っていきたいと思って始めた活動は、湧き水のように喜びに溢れている。

だからこそ、冒険してみよう!

世界はとっても優しいよ^^

僕を拾ってくれたキルギスの子供たち

南極上陸準備

南極という大陸に上陸するには、他の大陸から他の生命体を持っていってはいけない。

どこの国よりも、環境を壊さないことに徹しているため、洋服や靴を綺麗にしなくてはならない。

掃除機でポケットや靴のゴミや泥を取ります。

そして、指定された長靴を履きます。

みんなが気になる南極での食事は、野菜・肉類・種類などを持っていってはいけないため、サハラマラソンなどに持っていっていた、ピーナッツ系なども持っていけません。

そして、ゴミも出さないようにするため、全部袋から出さなくてはいけないため、ジェルも持っていけなかった。

持って行きたいときは、水筒などに入れる必要があります。

そして食べ物は全部袋から出して、プラスティックのタッパーに入れます。

僕の食事は、ピーナッツなどが入っていないエネルギーバー&チョコ&グミ&バター&チーズ。

これで挑みます!!!

僕は体脂肪率が5%ということもあり、すぐにお腹が減ります!笑

まじで、みんなの倍くらい食べるので、食料多め!

食料の写真撮り割れちゃったけどww

ゾディアックボート

僕らが乗っている船から、ゾディアックと呼ばれる軍などで使用するボートに乗り込み、南極へ上陸する。

この荷物たちをバックパックに詰め込み、寝袋などはもう一つの袋に入れて持っていく。

青いウォータープルーフの袋は、もし南極に取り残されても生きていくことができるであろう寝袋や超ゴツいダウンなど。

基本使わないことを祈ります!笑

天候が極端に荒れない限り、走り終わったら船へと戻り、また翌日違うポイントに移動して走るという仕組み。

あ!一応今回の南極マラソンのルールを説明しますね!

南極マラソンルール

南極マラソンは、他の砂漠マラソンとルールが違うので、注意が必要です。

日程:4日間(5日目はウイニングラン)

距離:4日間で走れるだけ走る!(目標250km)

時間:天候次第!笑

なので、走れるときにどれだけ走れるかが勝負!

4日間で、走った距離で順位が争われる、言わば耐久レースです!!

他の砂漠マラソンは、7日間で250kmを走るレースで、毎日タイムリミットがあります。

そしてタイムリミットに間に合わなければ、脱落。

南極マラソンは、基本的にペースは自分次第。

もう走れない!!ってなったら脱落です!

なんか無茶苦茶すぎる!!笑

以上がルールです。

この生き残りを賭けたサバイバルマラソンに、遂に行ってきます!!!

次は、南極マラソン1日目をお届けします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です